« ラビット関根 | トップページ | お寿司を食べる »

2006年1月16日 (月)

初上陸

4_1  私が所属している組織の半年に1度の会議と健康診断のために、首都(スヴァ・ナウソリ)行きのたった15人乗りのセスナ機に乗り込んだ。今日の乗客7人、席も決められず、「好きなところに座って。」と言われた。いつも少なくとも30分は遅れるのに、これまでで初めて定刻出発。

 「タベウニまで15分です。」 びくっとした。パイロットがそうアナウンスして、その飛行機がタベウニ経由だと初めて知った。週に2便、そういうのがあるらしいとは知っていたが、チケットを買った時もチェックインした時も誰も何も言わなかった。さすが、フィジー・・・。チケットにだって、堂々と16:00発、16:30着と書いてあるのに。何から何まで、適当。

 タベウニはフィジーで3番目に大きな島で、そこにしかない国花あり、滝あり、きれいな海ありの観光地。そのうちに訪ねたいと思っていたが、10分間の機内待機という形で、とにかくタベウニ上陸!

 “小屋”という言葉がぴったりのサブサブの空港に見慣れたため、タベウニのそれには管制塔がある! でっかいアンテナがある! と驚く。しばらくして、客観的にそんな自分に驚く。そう言えば、管制塔なんて当たり前なのに物を見る基準がすっかりおかしくなっている・・・あれ、サブサブの空港ってどうやってるんだろうか?

|

« ラビット関根 | トップページ | お寿司を食べる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19626/435317

この記事へのトラックバック一覧です: 初上陸:

« ラビット関根 | トップページ | お寿司を食べる »