« ワイサレの誕生日 | トップページ | スポーツデー »

2006年3月 7日 (火)

ココナッツ泥棒

1_27  毎朝、こうやって炎天下の中、子どもたちと30分ほど歩いた後にボールゲームやストレッチをやっている。子どもたちは暑さには慣れているはずなのに、「暑い~、疲れた~」とすぐに言い出す。

2_11   そして、おもむろに道路わきのココナッツを取り始めたりする。自由奔放。「勝手に取っていいの?」「大丈夫!」「でも、誰のココナッツなの?」「みんなの!」 みんな口を揃えてそう言う。1人1個ずつココナッツを抱えて学校に着くや否や、校長が「それ、どうしたの?」と近付いて来た。後ずさりする子どもたち。やっぱりまずいんじゃん。

 そこら中になっているココナッツもバナナもイモ類も、どんなものにもちゃんと所有者がいるらしい。フィジー人が暮らす村の中では子どもたちはお腹が空いた時には「ケレケレ(ちょうだい)」と言って、それらをもらうことができるけれど、その代わりに親たちは必ず作物を育てて助け合わなければならないらしい。校長はそのルールを知っていて、無断でよその村のココナッツを取って来た子どもたちを怒っていたけれど、その数時間後には「のど渇いた~!」と言って、さっきのココナッツを割ってジュースをごくごく飲んでいた。飲み終えて、「もう1つ、持って来て。」と言っていた。何とも…。

|

« ワイサレの誕生日 | トップページ | スポーツデー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19626/1102645

この記事へのトラックバック一覧です: ココナッツ泥棒:

« ワイサレの誕生日 | トップページ | スポーツデー »