« ギフト | トップページ | グッド ガール »

2006年6月22日 (木)

やっと見学に行く

1_48 私が住んでいるフィジーで2番目に大きな島、バヌアレブ島にある養護学校はたったの2校。今日はサブサブからだと島のちょうど反対側にあるランバサ養護学校を見学に行った。私が主に担当している作業学習の分野で、フィジーで最も着実だと評されるその実践を実際に見て、有効なヒントを得ることが今回の目的。職員会議でこのことを提案してから、3ヶ月以上たってやっとのことで実現した。私1人で行くつもりだったけれど、いい機会なので作業学習を担当する3人全員で1週間張り付くようにと校長命令が下る。都合がつかない、移動や宿泊のお金がない、とそんな理由で延び延びになってそのうちに1人が行きたくないと言い出し、結局代わりに校長が加わって、なぜか生徒2人を連れて日帰り見学になった。何てことないことなのに、めちゃくちゃ時間がかかった。

 学校に着いたのは10時頃で、インド人の校長が自分たちの取り組みを自慢げに話すのをふむふむと聞く。そして、お茶の時間。先生たち全員が集まって、いつまでもお茶を飲む。そしてやっと目的である見学をしようとしたら、私たちをもてなすために女性の先生たちと作業学習の女子クラスの子たちはせっせと料理を作ってくれていた。授業を見に来たのに、これじゃ本末転倒。そうこうしているうちに、お昼ごはんの時間。また先生たち全員が集まって、これまたいつまでも食べて、しゃべる。先生たちがこうだから、当然子どもたちも午後の授業時間になってもギャーギャー遊んでいる。午後からも大して見学できず、お迎えのタクシーがやって来てしまった。往復4時間、ランバサ滞在4時間、そのうち飲んだり食べたりしていたのが半分以上。何だこりゃ。何でこうなっちゃうんだろう。まぁ、それなりに得たものはあったけれど。

2_28

 学校からの帰り道にあるエレノアの職場でワイサレ発見。近付いて行くと、満面の笑みで抱き付いてきた。何てかわいいの、この子! 抱っこして遊んでいたら、眠そうにし始めて、あっという間に眠ってしまった。今日は首都スバに転勤する人の送別会らしく、職員の家族がたくさん集まっていた。ワイサレも朝からそこにいて昼寝もせずに、子どもたちと遊んでいたらしい。ノックアウトのワイサレは、エレノアに抱っこされて帰って行ったのでした。

|

« ギフト | トップページ | グッド ガール »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19626/2372870

この記事へのトラックバック一覧です: やっと見学に行く:

« ギフト | トップページ | グッド ガール »