« 跳ねまくる | トップページ | 2日酔い »

2006年6月 8日 (木)

プチ九州賢人会

 夕方、本当に久し振りに停電になった。断水に比べたら、停電はそこまでがっかりするものでもなくて、窓から真っ暗な町を見下ろして、今日は月明かりがきれいだな、なんて思う余裕さえある。

 19時過ぎ、首を長くして待っていた私が所属する団体の職員Wさんが家まで迎えに来てくれた。所長とWさんはサブサブから車で2時間も離れたランバサという町で、他のボランティアのワークショップを視察してから、移動して来たのだった。こっちに来るまで、かなりの範囲で停電していたらしい。2人がホテルでチェックインして、日本料理店に着いた時にはタイミングよく、復旧していた。所長とは初対面だったので、少し緊張していたけれど、福岡出身ということで、九州つながりが一気に親近感をもたせてくれた。Wさんと私は長崎出身で、ちょっとした九州賢人会の始まり、始まり。所長に以前、長崎“賢”人会をやった話をしたら、「願望でしょ?」と突っ込まれる。

 所長がパプアニューギニアで同じボランティアとしてコーヒーを栽培していた話、筑後川の中洲の島にある実家の話、結婚するなら九州人の薦め、それからWさんのソロモンのチリツナ缶への熱い思い、そして、もちろん九州ローカル話で大いに盛り上がって、あっという間に4時間経過。気が付くとビールのピッチャー2杯と赤ワイン2本が空になっていた。2人とだいたい同じペースで、久し振りによく飲んだ。マグロの刺身もお寿司もおいしかったけれど、何より他愛もない話が楽しかった。所長、Wさん、ちょっと早めの在フィジー1周年祝い、ありがとうございました!

|

« 跳ねまくる | トップページ | 2日酔い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19626/2155677

この記事へのトラックバック一覧です: プチ九州賢人会:

« 跳ねまくる | トップページ | 2日酔い »