« 散髪大会 | トップページ | 3LK 21,000円 »

2006年6月26日 (月)

ロロを作る

1_1 代表的なフィジーの家庭料理、ロロ(ココナッツ煮)を初めて作ってみた。現地の人たちは棒などで器用に外側の殻を裂いて、さらに内側の硬い殻をナイフなどでコーンコーンと割って、それからスクライパーと呼ばれる道具で1つずつココナッツを削る。今回は親切にも、ここまでのコツとそれなりの力が必要な作業が済んだ、削ったココナッツをもらったので、私がしたことはそれに水を加えてもんだり、絞ったりした後にこす、ということだけだったのだけれど、一苦労だなぁ、なんて不精なことを思ってしまった。これを毎日、毎日やっているフィジーの人たちは偉いなぁとつくづく感心。

 ロロの味付けはショウガと塩だけで、食べる時に庭になっているオレンジをたっぷりしぼる。まぁ、これがなかなかおいしくできたので、ロロを作るのにあんまりコツはないのではないかと思ってしまった。ココナッツがほんのり甘くて、コクがあって淡白な魚とよく合う。だけど、ロロとごはんの組み合わせはいまいちしっくりこずに、やっぱりダロやキャッサバとの相性が1番なのだとよく分かった晩餐だった。

|

« 散髪大会 | トップページ | 3LK 21,000円 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19626/2456206

この記事へのトラックバック一覧です: ロロを作る:

« 散髪大会 | トップページ | 3LK 21,000円 »