« 自習時間 | トップページ | 巨人の国からお客さま »

2006年7月26日 (水)

白人が苦手

1_40 今日もほとんど機能しなかった学校が終わって、町の外れにあるダクリゾートに向かった。出張中の校長の代役で、染物の実演をやってほしいとお願いされたのだ。布を折ったり、糸で縛ったりして布用染料に浸すだけの、簡単なもので、うちの養護学校でもこの方法でテーブルクロスやカーテンを作っている。私に連絡をしてきたのは、フィジー人の男性スタッフで30分ほどのちょっとしたものだと言うし、あまり深く考えずに引き受けて、のほほんとした気持ちのままタクシーに乗った。

 約束の時間から15分ほど遅れて着いたら、待ち受けていたのはニュージーランドから来たおばちゃんたち6人。まずい、私、この人たちの英語、分からないや…と、一瞬にしてひるんでしまう。リゾートにいるのは観光客だとすっかり頭になくて、フィジータイムでどうせ誰も集まってないんでしょ、と思い込んでいた。動揺している私のところに、主催者のニュージーランド人のおばちゃんが「みんな、待っていたのよ。」と笑顔で歩み寄ってきた。みんなに紹介されて、早速いろんな質問が飛んできた。フィジーなまりの英語に慣れた私は、彼女たちの英語がうまく聞き取れなくて、半ば推測に任せて受け答えをしていたので、時々きょとんとした顔をされた。染物の実演もどぎまぎしたまま終わり、布を渡しておばちゃんたちにも実際にやってもらった。ちっとも詳しくない染物についても質問されたりして、もういっぱい冷や汗をかきつつ、知っている限りのことを説明した。こんなことも勢いで乗り切れるくらいの、度胸がほしいなぁ。

|

« 自習時間 | トップページ | 巨人の国からお客さま »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

友達に帰って来た頃には英語ペラペラだねって言われるけど、それも難しそうですね。運良く白人の友達が出来て仲良くなれたらいいなって思います。でも英語で人に技術を指導するって大変ですね。ほんと度胸が欲しいです。

な→個人の努力次第で、ペラペラになれるんだと思いますよ。私はさぼってますから…。

投稿: naki | 2006年7月29日 (土) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自習時間 | トップページ | 巨人の国からお客さま »