« どうにかなる | トップページ | ケビンのトランポリン »

2006年8月 9日 (水)

ビッグ・イーター

2_20 昨日、今日とバヌアレブ島にある養護学校2校でスポーツ大会を行った。ランバサからのバスが途中で壊れて3時間以上到着が遅れたことに始まり、雨に濡れて震えながら1時間もレクチャーを受けたり、プログラムに“トロフィー授与”と書いているのにトロフィーを準備していないことに直前になって気付いて、代用品として大きなジョッキを買いに走ったり、食事を運ぶはずの車が他のお客さんを乗せてどこかに行ってしまったり…案の定、すったもんだの1日だった。

 うちの学校にはグラウンドがないので、徒歩15分ほどのラグビー場を借りたのだけれど、学校で準備したお茶、おやつ、昼ごはん、食器等を運ぶのが大仕事だった。ここでは10時頃、お茶(甘いミルクティー)を飲んで、一休みする。そして、パンやらクラッカーやら何かしら必ず食べる。スポーツ大会でもそれは欠かせないようで、競技を中断してフルーツサラダ(パパイヤ、バナナ、パイン等のフルーツを細かく切って混ぜ合わせ、牛乳をかけたもの)、ツナサンドウィッチ、ジュースを会場にいるゲスト、生徒、家族、先生全員(100人以上)に振る舞った。昼ごはんもまた同じ。大会の予算の相当分を食費が占めていて、それが何も問題にならないどころか、むしろ当然だというのが、いかにもフィジーらしいと言うか。今朝7時、パン屋さんから注文していたパンを運ぶのが私の係だった。その数、実にホットドック・バン200個、ホールミールの長い食パン7斤、ロングローフ2ダース! 大量のパンを載せたタクシーの中は、とても幸せな匂いが充満していた。ちなみに、このパンは今日1日で見事に消費されました。

|

« どうにかなる | トップページ | ケビンのトランポリン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとすったもんだの1日ですね。パソコンの前で笑ってしまいました。
今月で退職って考えるだけで寂しくなります。10月からの研修にむけて何をしたらいいか気持ちだけ焦ってるのに、結局何もしていない…
このブログで少しずつフィジーの事、住んでる人達の事、色んな事が分かってきたような気がします。ただでさえ適当な私が、更にだらしなくならないか心配になります。それと甘いのが苦手です…どうなる事やら。

な→本当にめちゃくちゃな1日でした。
フィジーで暮らすには、適当でだらしないくらいがちょうどいいと思いますよ。

投稿: naki | 2006年8月11日 (金) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうにかなる | トップページ | ケビンのトランポリン »