« ケビンのトランポリン | トップページ | 雨ばっかりの週末 »

2006年8月11日 (金)

正しいお茶の時間

 何と、今日も授業が一切なかった。同僚たちは口を揃えて「だるくて、何も教えられない。」と言って、1つの教室の生徒を集めてDVDを見せていた。まぁ、こんなことにも慣れてきたけれど。あまりにも退屈で同僚たちのおしゃべりを聞きながら、ソファでうとうとしていたら、校長がやって来て「眠いの? 私の携帯、着信音が鳴らないんだけど、ちょっと見てくれる?」と起こされた。今日、何のために学校来たんだ?

2_28  放課後、同僚のアレビナ(元々ちゅるちゅるした髪に更にパーマをかけている)がうちにやって来て、一緒にお茶を飲んだ。この写真がフィジーのお茶スタイル。日本の食パンの2倍以上はあるホールミールパンを2人でペロッと食べ切ってしまった。バターをたっぷり付けて。焼き立てだったので、いい具合にバターが溶けて誠においしかったのです。

 しばらく休んでから、学校の資金集めイベントをするダンス・クラブ?へ。5フィジードル(350円)のチケットを買ってもらって、飲んで踊り狂ってもらおうという企画。チケットを200枚用意した時点で、同僚たちは「これで1000ドルね。」とほくほくした顔で取らぬ狸の皮算用をしていたけれど、実際に会場を借りるのに300ドルも掛かっているのに、私が受付けにいた22時頃までで、まだ200ドルくらいしか集まっていなかった。その後、どうなったんだろうか? 資金集めの方法として、こういうのやカードゲームはよくあるらしい。だけど、何だか釈然としないやり方だなぁとあれこれ考えていたら、日本の政治家も全く同じ事をやっているんだ、とふと思った。

|

« ケビンのトランポリン | トップページ | 雨ばっかりの週末 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本でも同じような事が頻繁に起きたら生徒は嬉しいでしょうね(授業がDVD観賞…)
フィジーでは床で食事をするようですがテーブルやソファーを利用する事は少ないんでしょうか?それと食事はどの地域も手で食べるのが普通ですか?
毎回質問ばっかりですみません…

な→家庭によりますが、フィジー系の村では床で食事をすることが一般的です。それから、フィジーの人たちは人種を問わず、手で食事をします。知り合いの家では、以前は私にはスプーンやフォークを出してくれましたが、最近では手で食べる方がすっかり楽になってます。

投稿: naki | 2006年8月16日 (水) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケビンのトランポリン | トップページ | 雨ばっかりの週末 »