« 3学期スタート | トップページ | いいこと満載 »

2006年9月 6日 (水)

異文化談議

 最近は朝6時に起きたら外はすでに明るくなっているし、夕方6時頃に家の裏で洗濯をしていてもまだ明るい。日が長くなってきて、勘弁してほしいくらいの日差しが直に戻ってくるんだろうなぁ、と思う。

 ターム休み中の職員研修で妙に感化されて、「生徒を尊重して、言葉遣いを丁寧にします。」とか「教師としての態度を改めます。」とか「子どもたちの可能性を生かす教育をします。」なーんて、私が1年以上付き合ってきた同僚たちとはまるで別人のように熱く語っていたのは、つい2日前。束の間とも呼べないくらい短い間で、また元の同僚たちの姿に戻って、心底だるそうな顔をしては「だるい。」と言って午後から子どもたちはずっとトランポリンで遊んでいた。さほど期待していなかった私は、こんなもんだろうなぁ、と思ったのだった。あんまり人を信用できなくなっている自分がちょっと情けないけれど。

 飽きることなく、トランポリンで跳ね続ける子どもたちを見ながら、フィジー育ちのキリバス人、ロトゥマ人(フィジーの一部だけど、本島からかなり離れた所にあって独自の言葉が使われている)、日本人で異文化談議をした。男女の社会的立場、子育てや家族観の違いなど、まだまだ知らないことがいっぱいでおもしろかった。それから、彼らが勝ち誇ったように「フィジー人は怠け者だ!」と言うので、いやいや、あなたたちだって十分…と心の中で呟きながら苦笑してしまった。

|

« 3学期スタート | トップページ | いいこと満載 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3学期スタート | トップページ | いいこと満載 »