« ワークショップ 1日目 | トップページ | ワークショップ終了 »

2006年9月21日 (木)

ワークショップ 2日目

2_36 今日は私の配属先である、サブサブ養護学校が会場。昨日のランバサ養護学校に比べると生徒も先生も3分の1くらいの人数なので、のんびりしたものだった。今日は図工と作業学習の模擬授業に加えて、昨年、日本で障害児教育・福祉について研修を受けてきた校長にそこで得たこと、それを今、どう活かしているか、ということについてプレゼンをしてもらった。この国の多くの人たちは、新しいものにはすぐ飛びつくけれど、それを継続させることがとても苦手。校長も帰国時の勢いはそれはすごかったし、私もこの学校にいい風を吹き込んでくれるものと大いに期待したけれど、やっぱりそんなにうまくいくはずもなかった。今日のプレゼンをするために、また資料や写真を見返した彼女が、「宝の持ち腐れに気付いた。」と言っていたので、またちょっと期待してみようかな。

 今日は私の模擬授業はなくて、プレゼンや意見交換会の司会などコーディネーター役をしてとても緊張したけれど、いい経験になったし、英語をもっと勉強しなければ!と気合いが入った。

 うちで緑茶を飲んで一休みしてから、今度は飛行機で首都スバに移動。長距離の移動ばっかりで私たちのドミトリーに着いた時にはみんなへろへろで、まとめの作業を黙々とやってから、サラダ・バーガー(初マック!)を食べながらビールを飲んだのだった。今日ばっかりはこれまであんまり構わなかったジジ(猫)に癒されたような気がした。

|

« ワークショップ 1日目 | トップページ | ワークショップ終了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワークショップ 1日目 | トップページ | ワークショップ終了 »