« おばちゃんが気になる | トップページ | フィジー・デー »

2006年10月 8日 (日)

タブーの日

4_14 はい、今日もワイサレであります。親戚の家に遊びに行っていた彼は、私がベレ(葉っぱ)とチキンのスープ、キャッサバの昼ごはんを食べさせてもらっている時に帰って来た。そして、私を見つけるなり飛びついて来て、何やら必死に話し掛けてくる。いやはや、かわいい。この頃、カメラを向けると必ず液晶をのぞきに来て、そこに映る場所を見せながら「あっち、あっち。」と言うとそこに小走りで行って、こちらを向く、というようなことをする。最近、このしかめ面を覚えたようで、フラッシュの後にケラケラ笑うのです。

5_9

 フィジー語で日曜日はSigatabu(タブーの日)と言う。掃除も洗濯も、外で遊び回ることさえもタブーとされていて、フィジー系の人たちが日曜日にすることと言えば、教会に行くこと、食べて、寝転がってまったりすることくらい。ワイサレの家に毎週通い詰めているけれど、何をするでもなく、だらだらと半日過ごしている訳です。エレノアが焼いた絶品のココナッツ・スコーンでお茶を飲んだ後に、ワイサレのお姉ちゃん、ティマとブリが白いドレスを着て午後の礼拝に出掛けて行った。この村のほとんどの人たちが毎週10時からと3時から、それぞれ2時間ずつの礼拝に出ている。私も何度か出たことがあって、フィジー系の人たちが歌い上げる讃美歌はすばらしかったけれど、それを除いたら信仰心など持ち合わせていない私だけでなく、結構な割合の人たちが退屈そうに見えた。

|

« おばちゃんが気になる | トップページ | フィジー・デー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おばちゃんが気になる | トップページ | フィジー・デー »