« お腹がおかしい | トップページ | パーマは欠かせない »

2006年10月23日 (月)

ついに上京決定

 午後、学校運営組織のおっちゃんたちがやって来て会議があり、ようやくスポーツ大会に行くことが決まった。現地の人たちにとって、日本の感覚からすると海外旅行にも匹敵してしまいそうな首都スバ行きという大イベントの最終決定が前日だなんて、あんまり。船会社も大した割引はしてくれず、しつこいくらいにケレケレ(お願~い!)と言っていたお金持ちの白人も寄付してくれず、結局2000フィジードル(14万円)くらいを運営組織がそっくり出すことになった。そんな額を負担できないって言うから、これだけごたごたしたのに何なんですか…。もう行くのやめようよ、とすっかりトーンダウンしていた同僚たちも手のひらを返したようにスバに行ったらこれをする!ということを目をキラキラ輝かせてはしゃいでおり、何も準備していないのにどうするのさ…と1人逆にトーンダウンし、1年前の悪夢が脳裏に浮かんで、重たい気持ちになった(同じスポーツ大会で同僚たちが引率だということをすっかり忘れてくれたお陰で、気が狂いそうになったのです)。

 直前まではっきりしないことに、イライラしてしまっていたのには他にも理由がある。エレノアが今日から出張でヤザタ島という、まず個人では行けないであろう離島に政府が手配したチャーター船で行く。こんな機会はそうないから一緒においでと言ってくれ、そこのトップも了承してくれていたのだ。だから、もしスポーツ大会に参加しないなら、そこに行こうと思っていたし、むしろ、そっちを期待していた。あー、残念。

|

« お腹がおかしい | トップページ | パーマは欠かせない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お腹がおかしい | トップページ | パーマは欠かせない »