« 国会に行く | トップページ | 久し振りのお父さん »

2006年10月27日 (金)

自由になる

 ボイボイを編んだマット(ござのようなもの)を敷いただけのコンクリートの床で、蚊に集られてタオルケットを頭から被りながらも、この2日、実によく眠れた。暗闇で水浴びしたり、手も洗わずに手づかみでご飯を食べたり、もうどこでだって寝れるし、どんどん自由になっていく自分がどこか心地良かった。一方でタイピストは「寒くて、ほとんど眠れなかった。それにこんな狭いところにこんなにたくさんの人がいて、耐えられない。」とぼやいており、そんなに繊細でもないでしょ、と意地悪にも思ってしまった。

4_16 昨夜からの雨が降り止まずにどうなることかと思ったけれど、スポーツ大会が始まる頃には晴れ間が覗き出した。朝から会場に行くバスの手配をしたり、ここに至ってもすったもんだ。生徒たちを見送って、ケータリングチームは昼ごはんのサンドウィッチを大量に作ってから会場に向かった。練習を一切しなかったソフトボール投げに参加しているうちの生徒がいて、まぁそれくらいはいいとしても、会場の隅で槍投げに参加しているうちの生徒を見つけた時にはさすがに失笑してしまった。適当だなぁ、本当に。

|

« 国会に行く | トップページ | 久し振りのお父さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国会に行く | トップページ | 久し振りのお父さん »