« biteの活用 | トップページ | 今日もまた »

2006年10月12日 (木)

韓国ドラマに出会う

3_26 昨日、図工のネタがなくて習字をした。子どもたちに日本語で書きたい言葉を自由に言ってもらったら、見事に漢字1文字のものばっかりだった。どんな反応をするのか、全く想像もつかなかったけれど、みんな筆と墨を使って日本の文字を書くことを真剣に楽しんでくれたのだった。初めてなのに、みんなお上手!

 それで、今日は何をしたかと言うと、昨夜から降り続ける雨のせいで生徒が少なくて、授業らしいことをしたのは朝の1時間だけ。その後、同僚の間でにわかに流行っているらしい、アジアのドラマを子どもたちもみんな集めて見ることになった。そこに映し出されたものは、何と「冬のソナタ(Winter Sonata)」。こんなところで、お目にかかるとは。校長が有休を取ってまで見続けたのは、これだったんだ! フィジーの人たちがあの無垢な感じが良い、という感想をもっていることがとても新鮮というか、意外だった。「韓国のドラマは日本でも母の世代の人たちに人気だけど、私は見たことない。」と言ったら、驚かれた。初めて見たけれど、まぁ、何とも。校長が「本当にいいドラマね。それに、タイトルがいいよね。ところで、ソナタって何?」と言っていた。ひどいもんだ。

|

« biteの活用 | トップページ | 今日もまた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« biteの活用 | トップページ | 今日もまた »