« 同じものにこだわりがち | トップページ | ごちそう三昧 »

2006年11月 1日 (水)

自宅待機令

 昨日、無事に奥歯の詰め物を治してもらって、重たいバックパックとタオルケットや枕などの大荷物によろよろしながら、1週間振りにサブサブに帰って来た。サブサブはやっぱりいい。買い物をするためにタウンに行ったら、カナカナ村でお世話になったイリ一家にばったり会った。久し振りの再会で、ぷよぷよしたイリにギューっと抱きしめられる。イリの知り合いがやっているテーラーのポーチに座り込んでおしゃべりをしていたら、携帯電話が鳴った。ランバサに住むボランティアから緊急連絡網が回ってきて、最近フィジーで問題になっている政府と軍との対立関係が悪化し、クーデターが起こる可能性も否めないということで、今から自宅待機、万が一に備えて水や食糧を買い置きしておくように、と。首都スバは緊迫しているのかもしれないけれど、ここサブサブは相変わらずの穏やかな時間が流れている訳で、とりあえずおしゃべり続行。

 午前中、ボランティアコーディネーターSさんから学校に電話が入った。「自宅待機ってことになっていたはずですけれど、学校に行っちゃったんですね。」と。私は昨日の緊急連絡網の内容をちゃんと理解していなかったらしい。でも、この電話は自宅待機を緩和する、というものだったので、まぁよかったんだけれど。サブサブはいつも通り平和で、フィジーの情勢が不安定だなんて、ちっとも実感が湧かない。

 今日、おばが送ってくれた日本食満載の荷物を受け取った。すし太郎と一緒に桜でんぶまで入れてくれたあたり、さすが。私も知らぬ間にすくすく成長する甥っ子がかわいくてしょうがないけれど、甥や姪というものはいくつになってもそういうものなんだなぁ、とつくづく思った。ありがたくいただきます!

|

« 同じものにこだわりがち | トップページ | ごちそう三昧 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19626/4155266

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅待機令:

« 同じものにこだわりがち | トップページ | ごちそう三昧 »