« いつも通りです | トップページ | サブサブに避難 »

2006年12月 1日 (金)

護衛が6人

1_81 今日で3学期終了。いつもなら先生だけが登校して、ささっと掃除をして、ささっと会議をして午前中で帰るのだけれど、今日はInternational Day for Disabled People(国際障害者の日)というイベントに参加した。朝8時半にメイン通りのパレードが始まる、ということ以外の日程詳細や段取りは当日になってようやく知らされたけれど、まぁ、これがフィジー流でどうにでもなるものなのです。そして、歌ったり踊ったりしている時に、私が所属する団体から電話が掛かってきた。「すぐに帰宅して下さい。次に連絡をするまでは自宅待機(外出禁止)とします。」と。軍が政府に突きつけた9つの要求が今日の正午までに受け入れられない場合は、何かしら行動に出ると軍司令官が発言したためだ。だけど、ここ、サブサブは何の変化もなくて、言い出しにくいなぁ…と思いつつ、メケ(フィジアン・ダンス)が終わるのを待って校長に話してみる。「ちょっと周りを見てみなさいよ。何か起こりそう? これだけ護衛(同僚教師6人)がいるんだから、大丈夫よ。ここにいなさい。」と。サブサブでは何もない確立が高いだろうし、現地の人たちにとって、うちの団体がとっている措置(首都在住者は国際空港のあるナンディに避難、地方在住者は自宅待機)が大げさで滑稽に映るのは分かるのだけれど。結局、帰してもらえずに、退屈なイベントから抜け出せる、とぬか喜びをした。

 正午を過ぎても何もなし。首都でもなし。夕方になってもなし。全くどうなっているんだろうか。そして、つかつかと同僚たちとの打上げパーティーに出掛ける。レストランで見たニュースでは、「軍が示した期限が来週月曜の正午に延期された。」との首相の発言に対して、軍司令官が「期限を延長するなんて、言ってない!」と怒って反論していた。これだけ国民を脅しておいて、のん気にラグビー観戦をしていたことは、すっかり棚に上げていらっしゃるようだ。首相や一部の大臣は軍が示した期限に狙われないように、どこかに隠れていると伝えられるし、どこか間が抜けた感じで混沌としております。どこにも行けない、つまらないターム休みの始まりです。

|

« いつも通りです | トップページ | サブサブに避難 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どーも初コメント TSUTAYA SIGATOKA店 なりです。
こちらSIGATOKAもいたって平和でございます。
ほんとに奴らなめてますなー
警察と軍もラグビーしてる場合じゃねーだろー
まぁDVDでも見てしばらくはすごしましょー
でわ、お気をつけて。 

な→困ったおじさんたちのお陰で、せっかくのターム休みが台無しですね…。なりさんからのDVD、大活躍中です!

投稿: NARI | 2006年12月 2日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつも通りです | トップページ | サブサブに避難 »