« 海と月明かり | トップページ | 新たな好物 »

2007年1月 3日 (水)

サブサブはいい!

2_50 今日は私がクリスマスを過ごしたウラタ村のチョエリ宅を訪ねた。予定よりかなり遅れてしまったけれど、「フィジー人はいつもそうだから、いいの、いいの。」と温かく迎えてくれた。昼ごはんの後、村の散歩、ヤンゴナ、娘さんたちによるメケ(伝統ダンス)、お見送りの歌やお祈りなど、親戚が集まってフィジー流のもてなしをきっちりやってくれたのでした。 迎えに来た人の良さそうなインド系タクシー運転手もヤンゴナを一緒に飲んで、みんなが歌ったり踊ったりする中、当然のように待たされ、帰り際には「1曲歌え!」などと茶化されたりして、その状況は妙にほのぼのして、すごくおかしかった。

 夜は校長をレストランに招いて夕食。今回、私の友達に何かと心配りをしてくれたし、今朝もみんなが首都に帰るための交通機関がとても混雑して困っていたら、親身になって交通手段を手続きしてくれたり、非常によくしてもらったので、ささやかなお礼をしたのです。その後、校長念願の?ダンスクラブへ。 一番楽しんでいたのは、やっぱり彼女だったかもしれない。

1_91   みんなは明日の早朝に帰ってしまうけれど、本当に良いお正月でした。同期たちといい時間を過ごしたのは言うまでもなく、そしてサブサブが“Hidden Paradise(隠れた楽園)”と呼ばれるのはその恵まれた美しい自然だけじゃなくて、ここに暮らしている明るくて、心優しい人たちが創り出す心地良い空気があるからだと、改めて思ったのでした。それともう1つ、フィジー語がぼちぼち分かるようになった今、現地人同士の何気ない会話や私たちに語りかける言葉の中に、彼らが私たちを想う気持ちを感じ取れるようになったことはとても大きな収穫で、この数日間でも何回もありがたいなぁ、としみじみ感じることがあったのです。サブサブをとても気に入ってくれたUちゃん、Sちゃん、Gちゃん、帰国前にまた必ずおいでね。

|

« 海と月明かり | トップページ | 新たな好物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

絶対に行かせて頂きます!ウラタ村なら、美し過ぎてもう住みたいくらいだね。
校長先生には、お礼しきれないよ。何も持ってないから、今日はとりあえず彼女の絵を描いてみたよ。あげたら喜んでくれるかなあ〜。

な→そんな才能があったんだねー。歯も揃って若く見えるし、ジャパニはこんなことができるんだって絶対にびっくりするよ!

投稿: aoumigame | 2007年1月 8日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海と月明かり | トップページ | 新たな好物 »