« 要注意のサトウキビ | トップページ | 癒し系登場 »

2007年1月25日 (木)

ちょっと怒ったぞ

5_19 今日は2人の生徒を連れて、隣接する小学校の2年生クラスに合流させてもらった。そのうち1人は昨年私が英語を教えた生徒で、よくできるようになったのに担任Aの独断で養護学校に残留になった(フィジーの養護学校は、小学校の勉強に遅れが出た生徒の補習をして、小学校に編入させるという役割もあります)。にも関わらず、Aは授業時間に本棚の整理なんかやっていて、生徒たちはぼーっと待たされたまま。腹が立った勢いで、「私が付いてサポートするから、小学校に連れて行っていい?」と申し出た。それで、小学校の校長と担任に許可をもらって、一番前の席で英語と算数を受けさせてもらえた。ここの担任Vは昨年もうちの生徒を受け入れてもらったこともあって、理解がある方で、「あの子たち、やる気満々ね。明日も連れて来なさい。」と言ってくれた。だけど、そんなVも一通りしゃべって課題を与えた後は、黙々と事務仕事をしていて、あっちこっちで子どもたちは遊びだし、席を立ち、走り回り…もう大変。ちょっと見渡すとうちの生徒よりもできていない子が少なくない、という実態にも驚いてしまった。こっちがいわゆる“本流”なのだけれど、2人が自信をもって成長していくためにはどっちがいいんだろうか、と考えてしまった。

|

« 要注意のサトウキビ | トップページ | 癒し系登場 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 要注意のサトウキビ | トップページ | 癒し系登場 »