« 里帰り | トップページ | ちょっと怒ったぞ »

2007年1月24日 (水)

要注意のサトウキビ

 新学期3日目、朝6時に起きるのが恐ろしく大変な日々が続いている。だけど、朝ごはんを食べて、昼ごはん(おにぎり)を準備して、身支度を整えて7時半に学校に向かって歩き出せば、生徒はまだ集まりが悪くて15人ほどしかいないので、後はどうにでもなってしまう。当分休みモードのままであろう同僚たちは、仕事をせずに、「あー、退屈。」と言い合っている。どうしようもないなぁ、とも思うし、この脱力感をいい、とも時々思う。

 午後は炎天下の中、校庭の草むしりをした。暑くてしょうがないので、休憩ばっかり。しかも、今日は校長が休みだったので、同僚が「校長がいないから、サトウキビ食べちゃおうよ。」と言い出し、バナナの木陰に座り込んでサトウキビをみんなでバリバリかじって食べた。私は硬い皮をナイフで切り落としてもらわないと絶対に食べられないけれど、生徒たちはその皮も歯で器用に引き裂いて食べる。本当に見事。去年、うちの校長はサトウキビを食べていて差し歯が欠けてしまった(今も欠けたまま)という冗談のような本当の話を同僚が引き合いに出して、「歯に気をつけてよ。」とおかしくてしょうがない様子で忠告し合いながら、甘くてジューシーなサトウキビを堪能したのでした。

|

« 里帰り | トップページ | ちょっと怒ったぞ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里帰り | トップページ | ちょっと怒ったぞ »