« 葉っぱの活用法 | トップページ | 日本人の評価 »

2007年2月25日 (日)

ワイサレにからかわれる

 ワイサレの家に出掛けようとしていたちょうどその時、シャリー(学校のタイピスト)がうちにやって来た。電話番号が分からなかったから、とわざわざ「昼ごはんを食べにおいで。」と呼びに来てくれたのだ。最近、学校帰りにシャリー宅によく寄ってお茶を飲んで一休みさせてもらったり、家族ぐるみでよくしてくれるのです。

3_44

 昼ごはんのメインは、シャリーの義理のお兄さんが今朝釣って来たばかりの新鮮な魚。カレーがおいしいのは言うまでもなく、魚を茹でて唐辛子、にんにく、塩、香菜を加えた、言わばインド流お吸い物がおいしかったこと、おいしかったこと。インド系の人たちは四六時中カレーを食べているとばかり思っていたけれど、こんな食べ方もするんだね、と感心しつつ、勧められるままにバクバク食べたのでした。

 その後、やっぱりワイサレの家にも行った。2週間振りで、彼が本当によくしゃべるようになっているのに、はたまたびっくりさせられた。自分がおやつを食べる時には、私にも「Kana.(食べて)」と声を掛けてくれるし、アサエリに怒られたら、すぐにエレノアのところに駆けつけて「Tata ca !(お父さん、嫌い)」と報告する。それから、今日は私のことをずっと「Keiko !」(2度ワイサレ宅を訪れた同期)と呼んでいた。「Na cava ? O cei yacaqu ?(何だって? 私の名前は?)」「Keiko.」「Sega ! Tukuna Naho !(違うでしょ、ナホって言ってみて)」「Kua !(嫌だ)」 その後にけらけら笑う、というやりとりが何度も続いた。完全にからかわれていました。

4_28  さて、この間届いた実家からの荷物に、母がワイサレ一家宛てに入れていた物は“アンパンマンのソフトせんべい”、“いちごつみ”という名のスティック付きのいちごの形をしたチョコレート、カレーのルーなど。ワイサレが食べ終わったスティックの先が円になっているのに気付いたエレノアが「あ、これでシャボン玉ができるね。」と言い出して、シャボン玉で遊び始めた。しばらくして、エレノアが裏庭からまさにストロー状の草の茎を採ってきて、それで小さなシャボン玉を作りながら、小さい時にそれでココナッツ・ジュースがうまい具合に飲めることをお母さんが教えてくれた、と話して聞かせてくれた。若くで亡くなったそのお母さんにも会いたかったな。エレノアは何が何でも長生きしてね、と心の中で何度も念じた。

|

« 葉っぱの活用法 | トップページ | 日本人の評価 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葉っぱの活用法 | トップページ | 日本人の評価 »