« 帰国の準備 | トップページ | 真珠貝のモザイク »

2007年4月17日 (火)

謝れない人たち

 来週で1学期が終わり、その直後に地元・長崎の友達Mちゃんがはるばる遊びに来てくれる。ナンディ国際空港で国内線に乗り換えてサブサブまでは1人で来てもらい、復路は私も一緒にナンディに飛んで、ヤサワ諸島のリゾートに行くことにしている。Pacific Sun ナンディ行きの便はチケット購入時、13:10発だった。だけど今日、別件でオフィスに行ったら、普段から愛想のない若い女性が「あ、ちょうど電話しようと思っていたのよ。」と。予約していた便が16:10発に変更された、と何でもないことのように告げてきた。これでは、到着時(17:10)にはフィジーで最もハイカラと思われるナンディのお店は閉まっていて、「思い切って派手なビキニを現地調達する」つもりのMちゃんをがっかりさせてしまうではないか。「それじゃ、朝の便に変更できる?」と言うと、やっぱり愛想なく、「満席。」と。あー、何なの、この人。念のために確認したら、向こうの都合で変更した便をキャンセルするのでさえ、F$30(2100円)の手数料がかかるらしい。やっぱり、そういうことを言う! あー、何でこうなの。しかも、この女性はすみません、の一言も言わない。この間、同期の数人がフィジー語に“vosoti au(ごめんなさい)”という言葉があることを知らなかった、と言っていたけれど、そう言えば、自分の非を認めずにあれこれ言い訳ばかりして、不思議なくらいにたった一言、ごめんなさい、と言えない人があまりにも多いのです。何でだろうか?

 久し振りに腹立たしさで体中がカッとなって、「そっちの都合なのに、何で私がお金を払う必要があるの? 私たちのナンディでの予定をめちゃくちゃにしたいの?」なんて言ってみても、埒は明かず、むしゃくしゃしたままオフィスを出てきた。サブサブでもたまにこういう困ったことが起こるのです。

|

« 帰国の準備 | トップページ | 真珠貝のモザイク »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国の準備 | トップページ | 真珠貝のモザイク »