« Manta Rayと泳ぐ | トップページ | 晩秋のニュージーランド »

2007年5月 4日 (金)

桁違いの旅好き夫婦

1_14 快晴。ナンディに戻る高速船の時間(15時)までシュノーケリングを楽しむ。本当に魚の数がすごい! 防水カメラを持っていたらな、なんてことを思いながら自分も魚になったような心地でゆらり、ゆらりと泳いだ。

 高速船の中で、昨日他の島にあるリゾートに移動した老夫婦と再会。インドとパキスタンで産まれ、共にロンドンで育ったという、心理学者と教師の2人。ロンドン→南アフリカ→オーストラリア→ニュージーランド→フィジー→ハワイ→アメリカ→ロンドン、という3ヶ月の旅行中。うらやましい限り。お互いのブレ(写真)が近くて、ハンモックで本を読んだりしていると、67歳には到底見えない元気なおじさんが通る度にハンモックを大きく揺らすので、お近付きになった。2人は結婚してすぐに1年間の休みを取って、ロンドンからインドネシアまで車で旅行した、という話に私はすごく興奮した。沢木耕太郎さんの他にもこんな人がいるんですねぇ。高速船の中で、旅の計画を一手に担っているというおばさんとずっとしゃべっていた。数年後の世界一周旅行のリストに日本も入っているらしい。「ずっと一緒に旅行をしていて、喧嘩しないんですか?」と聞いたら、「そんなの毎日よ!」との即答に大笑いしてしまった。私がロンドンを訪れるなら、ヨーロッパ周遊旅行に付き合ってくれるらしい。そんな日が来ればいいな。

|

« Manta Rayと泳ぐ | トップページ | 晩秋のニュージーランド »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Manta Rayと泳ぐ | トップページ | 晩秋のニュージーランド »