« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

バカロロ

Dscn1201 アパートからタウンまで意外と近いことが分かり、最近はもっぱら歩いてマーケットに行っています。大好きなバカロロ(写真・キャッサバ団子をココナッツミルクで煮たおやつを葉っぱに包んで売ってある)を買いました。毎週定位置にドーンと座って商売をしているこのおばちゃん、いつも The“フィジーのおばちゃんの笑顔とおおらかさ”で癒してくれます。ココナッツのフレーク入りのおばちゃんのバカロロ、おいしかったです。

| | コメント (2)

2009年5月29日 (金)

Ratu Sukuna Day

 今日は祝日。3連休でサブサブに行こうか、とも思ったけれど、ボートで片道11時間(夕方乗って船中泊、翌早朝に到着)かけて行くとなると結局サブサブには1泊しかできず、月曜日は港からオフィスに直行しなければいけなくなるので、諦めることにしました。

Rscn1198_2

 タウンはSuva on Saleというイベント中で通りには出店がぎっしり。一角には移動遊園地も出現していました。メリーゴーランド的なものはまだしも、奥の観覧車チックなものはいかにも頼りなくて、見物だけでスリル満点でした。

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

Judoka

Dscn1192 「私の友達が大きく載ってる!」とオフィスで自慢しまくりました。シシは福岡で8年間、整体の見習いと柔道の練習に明け暮れていたそうで、日本語もペラペラ。私がフィジーへ発った日に福岡国際空港で、大荷物を抱えて帰国するシシと会って、ソウルでの6時間のトランジットをおしゃべりしたり、免税店をひやかしたり、並んで寝そべったりして過ごしました。

 フィジー人初のオリンピック出場者として有名な彼女のJudokaとしてのさらなる活躍を心から応援したいと思います。ちなみに、シシに投げられているのは、日本人ボランティアのようです。

| | コメント (1)

2009年5月25日 (月)

気長

Dscn1189_2 フィジーの生活に欠かせないSasa(フィジー語でほうきの意)。ココナッツの葉から芯だけを削り取って、乾燥させたものを束ねて、Vauという木の幹(頑丈なのに軽いのです)に括りつけてあります。私もサブサブ養護学校でボランティアをしていた時に前半の工程を経験させてもらいましたが、なかなか根気のいる作業でした。そして、こうして道端で売れるのを気長に待つのはさらに根気がいるような気がしますが、フィジー人は意外と平気なのかな?

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

まずは腹ごしらえ

 毎朝6時に起きているので、週末も同じように目覚めてしまいます。土曜日にはマーケットやタウンは大混雑するので、朝早くに用事を済ませるには都合がいいのですが。7時過ぎにマーケットに行くと、昨夜から泊まり込んでいたと思われる場外で商売している人たちは客引きなどせずにみんな揃ってむしゃむしゃ、むしゃむしゃ腹ごしらえ中。一日しっかり働かないといけませんもんね!

Dscn1178

 マーケットの一角にはパン、スコーン、パイ、サンドウィッチ、ロティ(カレーの具をクレープ状のパンで包んだもの)、フィッシュ&ダロ(チップスではありません)などを売る店が並んでいて、とってもいい匂いがします。

| | コメント (1)

2009年5月21日 (木)

おかしな人

 元シンガトカの住人で、今はスバで仕事をしているK子さんにおいしいカレーをごちそうになりました。しかも、庶民的カレーではなく、高級なカレーを。K子さんとはボランティアの時期が1年ちょっと重なっていたのですが、「マトン缶が好き」と公言していた私のことを当時からおかしな人だなぁ、と思っていたそうです。

 そして、K子さんがこの間ツバルに出張した時に20数時間かけて離島へ渡る船の中で、ごはんにコンビーフを乗せただけのものが一等席の食事として出てきたんだとか。その時も「M本さんなら、いけるんだろうなぁ。」と思いつつ、手を付けられなかったらしいです。「もう無理なんですよ、それが!」と即答しておきました。

| | コメント (1)

2009年5月20日 (水)

7人のレワたちへ

・あのクーデターから軍事政権が続いていて対外的にピリピリしているようですが、市民生活は相変わらずのんびりしています。

Air Pacificの直行便がついになくなりました。今回はKorean Airでビビンバを食べながら来ました。フィジービターがなくて、がっかりしました。

Dominion Houseの裏におしゃれなショッピングモールができています。おしゃれ過ぎて、近付けません。

・4月末でサンガモリ(1ドル)以外の硬貨は一新され、旧硬貨は使えなくなりました。すべてサイズダウン、区別がつきません。

・数日前にAir Fijiが倒産しました。セスナ機は使い物にならないそうですが、機体用倉庫だけは買い手を探しているようです。これってどうなんですか?

・今の家には全自動洗濯機だけじゃなく、衣類乾燥機だってあります。Iちゃんちに勝った!

・ついでに毎日ありがたくお湯シャワーを浴びています。水シャワーはたぶんもう無理です。

・無理と言えば、マトン缶。何であんなものを好んで食べていたのか、当時の自分がかわいそうでなりません。

・バターをたっぷりぬったHot Bread Kitchenのパン、大きなカップで飲むミルクティー。ローカルとのgunu tiは最高です。こんなことをしているからか、ジョーに「こっちに来て太っただろ?」と早速言われました。

・近々サバイラに会う予定です。電話の声はとっても元気でした。

・やっぱりサブサブは別格ですが、スバも悪くないなぁ、と思えるようになってきました。住めば都とはよく言ったものです。

・サブサブでも1人だったとは言え、同期の存在は随分と心強かったんだとしみじみ思う今日この頃です。この機会に里帰りを! 待っていますよ!!

| | コメント (4)

2009年5月17日 (日)

豆腐

Rscn1170 土曜日のお楽しみ、マーケット。バスターミナル横にあるスバのマーケットは、野菜や果物の種類も量も本当に豊富。アスパラ菜(1束F$2=100円)、ゴーヤ(3つF$1)、オクラ(1山F$1)、アボガド(1つF$1.5)、バナナ(1房F$2)、そして豆腐(2つF$3)も買ってみました。

 中国人が売っていて、「どれくらいもつ?」と聞いたら、「毎日水を換えたら3~4日大丈夫。」と。製造日不明、常温陳列、ちゃんとしたパックなし…怪しさ満点の豆腐でしたが、試しに買ってみました。恐る恐る食べたその味は…んー、こんなもんかな?

| | コメント (1)

2009年5月15日 (金)

金曜日のフィジービター

 円高とフィジー政府が通貨を20%切り下げたお陰で、サブサブにいた2007年には1フィジードル70円くらいだったのが、今は50円まで下がっている。フィジービター(国産ビール)もたったの100円なのですよ、U中さん。だからって、いつも飲んだくれている訳ではありませんよ。金曜日の帰りに2~3本買って、週末に飲む程度。

 今日は朝から、帰りにフィジービターとフィッシュ&チップスを買うのを楽しみにしていました。ところが、ここ数日、バス停まで送ってくださっている日本人専門家Sさんがあんまり雨がひどいので、「よし、今日はアパートまで送ろう。」と。途中のスーパーで降ろしてもらおうか迷いつつも、結局言い出せないまま到着。ビールはお預けとなりました。

| | コメント (3)

2009年5月13日 (水)

お父さん

 アパートのゲートを出ようとしたところでバスが通り過ぎてしまい、残念…と思っていたところに向かいのアパートに住んでいるお父さんの車が! 2005年、フィジーに来た当初、3日間だけホームステイをしたお家のお父さん、ジョー。フィジー語でTamaqu(私のお父さん)、Luvequ(私の娘)と呼び合う仲であります。用事で同じ方向に行くからと、オフィスまで送ってくれました。ラッキー。

 午後、研究の倫理審査を受けるために保健省へ。審査委員は18人と聞いていたので、緊張しまくって待機していたけれど、実際の出席者は5人だけ。プロポーザルの内容について質問をいくつか事前にもらっていて、その回答を準備していたけれど、それらに触れられることはなく、改訂すべき点、コメントなどをもらって終了。あ~、ほっとした。

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

バス

Dscn1163 毎日乗っているバスです。インターン先のオフィスがある医療品供給センターまで、バスで20分、そして徒歩10分の道のり。バスには窓がなくて、風がびゅんびゅん吹き抜けます。スバは排気ガスによる大気汚染が深刻なので、ハンカチで鼻と口を覆わないといけないことを除けば、大音量で流れる音楽といい、なかなか気持ちいいのです。

 雨が降れば、いつもは巻き上げてあるホロを窓側に座っている人たちが協力して下ろします。仕方ないけれど、薄暗さ、湿気、大音量の音楽…一気に息苦しくなってしまいます。

| | コメント (1)

2009年5月 9日 (土)

雨ばっかり

 すったもんだの挙げ句に、Sが再雇用されて同じポストに戻って来るという正式な連絡が昨日の朝、保健省から入った。ここに書ききれないくらいいろんなことがあって、それを傍観するしかできなかった訳ですが、とにかく一安心です。

Dscn1161

 せっかくの週末も雨。スバは私がこっちに来てから雨が降らなかった日が2,3日しかない気がします。朝早くにバスに乗ってマーケットへ。学校そばの小さな商店で菜の花っぽいけれど、おばちゃんが「アスパラ菜」だと言い切っていたものと同じものを発見しました。活気があって、生活感あふれるマーケットをくまなく歩き回りました。

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

ヘルス・センター訪問

 日本は連休真っただ中。手帳に不覚にも赤い印を付けてしまっていました…。

Dscn1157_2  スバから車で1時間半のところにあるヘルス・センターに故障したワクチン管理用冷蔵庫を引き取りに行く職員に同行させてもらいました。看護婦さん一人だけの小さなセンターで乳児の予防接種サービス、記録管理、アウトリーチなどの状況について聞き取り。この看護婦さん、「担当地区の子どもたち77人の予防接種はばっちりよ!」と自信たっぷり。勉強になりました。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

不謹慎者

 政府が公務員の定年を55歳に急に引き下げたので、国全体へのワクチン供給を一手に担っているフィジー系女性S(インターンをさせてもらっているプロジェクトのカウンターパートであり、私の共同研究者でもある)も引っかかってしまった。「再雇用は約束されているから、正式なレターを待つだけよ。」と言いつつ、机をきれいに片付けて出て行ってしまった。

 本当に戻って来るんだろうか、彼女なしで調査がちゃんとできるんだろうか…と非常に不安になりながらも、送別会では久し振りのロボ(フィジー最大級のごちそう)を堪能した不謹慎者です、私は。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »